• ホーム
  • ミカルディスによる降圧と減塩食で治す高血圧

ミカルディスによる降圧と減塩食で治す高血圧

2019年07月24日
自分で血圧を測定する男性

高血圧を治すというのは生活習慣が原因となっていると推定される場合にはそれほど容易なことではありません。
血圧が高いというのが良好な状況ではないということは誰もが理解することができても、それを改善しようという原動力に欠いてしまいがちなのが高血圧だからです。
それだけでは自覚症状として顕著なものはなく、重篤な合併症が生じてから本格的に自己管理が行われるようになるということも珍しくないのです。
ミカルディスは高血圧治療に用いられる降圧剤であり、副作用も少なく、降圧効果も高いことからよく用いられています。
ミカルディスはアンジオテンシン2受容体拮抗薬に分類される比較的新しい降圧剤であり、腎臓の保護作用を有することから糖尿病患者においては特に頻用されます。
しかし、ミカルディスを用いても高血圧を根本から治すことはできず、あくまで血圧を下げて合併症を予防することができるということにとどまります。
そのため、高血圧治療ではただ薬を飲んでいればよいというのではなく、食事療法や運動療法といった積極的な取り組みが必要であり、それが治療を容易ではなくしている原因です。
高血圧を治すためには生活習慣の改善が必要であり、その主眼が置かれるのが減塩食です。
減塩食の目的なナトリウムの摂取量を減らすことであり、それが高血圧の改善に寄与することが知られています。
一方、減塩食と同様に重要視されるようになってきているのが野菜の摂取です。
野菜に含まれるカリウムは、ナトリウムの排出を促す効果があります。
そのため、減塩食によってナトリウムの摂取量を減らし、野菜食によってナトリウムの排出量を増やすことによって効率的に高血圧を治せると考えられています。

関連記事
寝起きでも血圧を正常域に保つミカルディスの飲み方

高血圧治療において重要となるのは血圧を正常域に下げるということであり、そのために降圧剤が使用されます。ミカルディスは高血圧治療に用いられる降圧剤であり、一日一回の投与で効果が持続するのが特徴です。高血圧の血圧管理においては長時間効果が持続するということが重要な点です。それによって長時間にわたって血圧...

2019年08月13日
動脈硬化により体がだるいと感じたらミカルディスを

40代になってから、急に疲れやすくなり、体がだるい状態が続くと、感じるようになった方もあるかも知れませんね。加齢により血流が悪くなると、動脈硬化が起こり、どれだけ体を休めても、倦怠感や体がだるいといった症状に悩まされるようになります。血流の悪化が進むと、身体が必要とするすべての栄養素と酸素の運搬が正...

2019年06月25日
ミカルディスの副作用と服用の注意事項

ミカルディスは高血圧症治療に用いられる薬です。アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)と呼ばれる種類の薬剤です。ARBには他にオルメテック、アジルバ、ディオバンといったものがあります。ARBはアンジオテンシンIIが受容体に作用して、血圧を上げる方向に働くのを阻害します。降圧作用はアダラート、ノルバスク...

2019年06月06日
ミカルディスを通販の価格比較

つい最近、一緒に飲みに行ったばかりの人が、脳梗塞や心筋梗塞で突然亡くなってしまうことがあります。自分と年齢がほとんど変わらない場合は、自分もそうなるかも知れないと思って怖くなってしまいますが、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞というのは、血圧が高い人に起こりやすいので、常に通常値であれば、そのようなリスクを...

2019年05月27日